住宅ローンは借りる金額も大きいので、借り換えや繰上返済を賢くすることで大きく節約することができます。住宅ローンの繰上返済や借り換え方法についてはコチラから!

住宅ローンの借り換えや繰上返済に関するお得情報はコチラ

住宅ローン控除について

住宅の購入をすると、住宅ローン控除を受けることができるようになります。

住宅ローン控除の申請をする女性

住宅ローン控除とは、
  • 所得が3000万円以下であること
  • 借り入れをした契約が10年以上あること
  • 借り入れの残債が5000万円以下であること
この場合に、所得税を控除することができる物です。

控除額の最高金額は500万円とされていますから、多くの控除が期待できるかど思われがちです。

しかし、自分が支払った所得税の中からの控除となりますので、自分が支払った所得税以上の金額が戻ってくることはありません。


手続きとしては、1年目は自分自身で確定申告をする必要があります。

申込書の中の、住宅借入金等特別控除と書かれた欄に、必要事項を記載し、提出します。

一緒に提出しなければいけない書類は、住民票と、登記簿謄本、売買契約書の他に、融資残高証明書と、既存住宅証明が必要となります。

1年目は自分自身で税務署に出向かなければいけないため、面倒に感じるかと思います。

2年目以降は、職場で毎年行う、年末調整で控除を受けることができるようになりますから、手続きが簡単になります。

1年目はネットを利用して、確定申告をするのも良いでしょう。

控除を受けることができるのは、住宅の購入から10年間となり、控除金額としては、ローンの残債に、1パーセントをかけた金額となります。

新築物件の購入をした時だけではなく、中古物件を購入した時や、増築した時なども住宅ローン控除の適用となりますから、忘れずに、手続きをするようにしましょう。