住宅ローンは借りる金額も大きいので、借り換えや繰上返済を賢くすることで大きく節約することができます。住宅ローンの繰上返済や借り換え方法についてはコチラから!

住宅ローンの借り換えや繰上返済に関するお得情報はコチラ

住宅ローンの団体信用生命保険

住宅ローンの契約をする場合には、必ず団体信用生命保険に加入しなければいけません。

どこの銀行であっても、住宅ローンの契約をする場合には、団体信用生命保険の加入が義務付けられているのです。

団体信用生命保険

団体信用生命保険とは、借り入れをしている本人に万が一の事があった時に、住宅ローンの残債が0になるという物です。

団体信用生命保険料は、銀行側が負担してくれる場合もあれば、諸費用に中に組み込まれている場合もあります。

銀行によって、支払いには違いが生じますが、自分で団体信用生命保険料を自分自身で支払っていなくても、加入は必ずすることになりますから、銀行側に必ず確認をしましょう。


契約の際には、自分の健康状態を申込書に記載することになります。

記載漏れや隠蔽していたことがあると、保証を受けることができない場合がありますから、注意しましょう。

保証内容としては、借り入れをしている本人が死亡した時と、高度障害が残ってしまった場合に、対象となります。

病気になって、仕事ができなくなったために、返済ができないという場合には、団体信用生命保険は適用となりません。


団体信用生命保険を利用する場合には、借り入れをしていた本人に万が一の事があった時に、家族がすぐに銀行へ連絡をしましょう。

今までの返済に滞りがある場合には、返済をしないと、団体信用生命保険が、適用されない場合もありますから、注意しましょう。

高度障害の場合には、病院へ確認が取れなくては保証を受けることができません。